2006年1月14日 (土)

KH2感想

正月後半、一歩も外に出ずにずっと実家でゲームしてました。

ソフトが実家にしかないから帰るまでにはやっちまいたい! と思い、睡眠時間削ってひたすらゲームしてました。

1/4,5 のコトでした。

わたくし、キングダムハーツファイナルミックスからやったんですが、隠しムービー見てないし、COMもやってません。KHFMやってた時はぷーとか鼠ーキャラ達と戯れただけで満足してました。エンディングもまあ一応見とくか程度にだらだらとやってました。ストーリーとかはっきりゆってあんまり理解してなかったかもしれません。

そんな私がKH2をやったのは、ほんとにただ実家にあったからやってみただけです。自分で買う気もありませんでした。

クリアして思うこと。

もっかいFMやりこもう!そして隠しムビ見てCOMもしよ!KH2も買っちゃおう!

やりだしたら止まりませんでした。面白かったです。ジミニーメモコンプリートしたい!

以下感想。ネタバレバレ注意。

OP始まってまず思ったのは、やっぱ■eさんは映像キレイやな~~と。ホントに映画見てるみたい。ファ○コンの毬男さんやってた頃から考えると信じらんないっす。今の子はこういうのが当たり前って思っとるんかな・・・。いやでも■eは特別か。FF7のポリゴンですら懐かしい・・・笑

事前情報とか何にも知らずにやったもんで、彼が出てきた時は、誰だこいつ! 空はどうした空は!? とかちょっとパニクってました。最初はウゼー、早くアヒルとか出せやーって思ってたんですが、使ってるうちに愛着湧いちゃって、あの終わり方はかなり切なかったっす。

『俺の夏休み・・・終わっちゃった』

うはーーっ 切なッッ!! これを聞いたとたんに六サス好きになりました。もっとこいつで楽しんどけばよかった。ミニゲームもいっぱいあったのに・・・。さくさく進めちゃってごめんね。空が黄昏の街から旅立つ時に灰ネ等に涙流したところとかきゅんときました。ラスト、空の中にちゃんとおって、波音と話してたのを見た時はちょっと救われた気持ちになりましたね。よかった六サス!

そんで空との再会。何度も言いますが、COMやってなかったんで、なんで空があんなカプセル状のものに入ってるのかわかりませんでした。六サスが空の半分とかってあの赤い人が言ってたので、まー寝てるのに関係してるんかくらいしか思ってませんでした。赤い人も完全敵側かと思ってました。暗セムおったし・・・。生きとったんかい!って。終盤になってやっと陸やったとわかったけど、陸ってこんなに友達思いの子やったんや。KHでは敵側におって、このやろ~としか思ってなかったので、ちょっとびっくり。もう一度見直す必要がありますな~。海里もすげー変わっててはじめ誰かわからんかった(パッケージ)。あれはもはや別キャラじゃ・・・なんて。思ったり。あー変わったといえば陸の髪もえらい伸びてて、体つきも16歳とは思えんくらい逞しくなってしまっていたように感じたのは気のせいでしょうか?それに比べたら空君は若干慎重伸びたくらい?KHでの服がつんつるてんちっくになってたのにちょっと笑えた。作りが細かいな■e。

ほんでもってやっと鼠と絡む事ができましたな。王様かなり勇敢でステキでした。前回は追っかけてばっかりやったからやっと会えて嬉しかった~。

あと、KH2やってて嬉しかったのはKHの時に絡んだ鼠ーキャラたちと 『久しぶり』 的な場面があったこと。自分が言われてるような、友達のような感覚が味わえて超超感激。もう鼠ー大好きですから!めっちゃパークに行きたくなった++ ほんと鼠ー好きにはたまらんゲームですな★

あ! 忘れちゃいけないFFキャラ!! こっちもオイシ過ぎますね。たくさんFFキャラが新しく登場してましたし。10のアーロンが出てきた時は思わず叫びました。 『ふおぉ~~~アーロンっっ!!』

大好きです。アーロン。あとクラウドとかも相変わらずおりましたね。衣装が、あれはACスタイル? 細かいところで喜びを感じる。ティファも出てきましたね。わたしはどっちかっていうとエアリス派だったんで、出来ればティファにはKHには出てきて欲しくなかった。せめてKHでは夢を見させてくれよ・・・という想いでしたので。

ⅩⅢ機関では悪セルとデMIXが好きでした。特に悪セルには死んで欲しくなかったー。ノーバディなのにえらく友情に熱かった所がツボですな(心なんてないはずなのになんて考えちゃダメ!)。眉毛が麿なところもラブ(笑)。でも髪型がFF7のザックスに見えてしかたなかった・・・。赤毛ザックス。

デミは豹変キャラなところがヒット。腹黒好き。でもホロウバスティオンでの10秒で10体ハートレス倒すのには苦戦させられました。オートれんけいしてたからワイルドダンスだすのにもたつき、こんなところでコンティニューをするはめに・・・く、屈辱。このときばかりは腹立たしかったので躊躇なく倒す事が出来ました。 しかし、ホロウバスティオン2回目のわんさかハートレス出てきた時はマジかいなアホかいなと思ったけど、倒すの相当楽しかったです。グッシャグッシャとライジングサンかますのはかなりストレス発散になるかと。

物語りも後半に入ると、私の時間がなくなってきたので、アイテムとか見捨ててさくさく進ませました。同じワールドに幾度となく赴かなくてはならなかったのは、時間のなかった私にはちょっぴし苦痛でしたが、普通にやってたら面白かったのかな? 達成感は味わえましたが。人魚ワールドで3人組も歌ってたのには笑えましたな。しかし、今回のワールドの目玉は海賊ですかね。超リアル。ちゃんと役者さんの顔が作られてて、鼠ーのコミカルキャラとのギャップが凄まじくて笑えました。船長もなかなかいい出来でしたが、あの独特の動きやら表情はゲームでは表現しきれなかったのですかね。ジョニーはやはり偉大だ(話題が違う)。

通常一回クリアしたワールドにはもう行かなかったんですが、唯一ぷーのところには行きました。ぷーと戯れたくて。かわいすぎ。でもミニゲームはできるけど、ぷーとお話する事ができなくて残念。ぷーの家行ってもいないし。ぷーが大好きでしょうがないですな。最初訪れた時に空のこと忘れられてて自分のことのようにショックでした(涙)。ああ、ミニゲームでぷーが障害物にぶつかって離れたのを助けた時に、ありがとうって言うその言い方がとってもかわいくて、わざわざぶつかりに行ってたこともあったりなかったり。きゅんてする、キュンて!!

存在しなかった世界ではようやく陸にも海里にも再会できてよかったよかった。ゼム茄子戦は激しくしんどかったです。ゲーム的にも身体的にも。戦い始めたんがもう明け方4時くらいで、もう眠気との戦いでもありました。気力でなんとか乗り切りましたが。

もうラスボスは、アホみたいに何回も何回も出てきてはバトルするんで疲れ果てました。ホントの最後のバトルでは、空が捕まって陸で助けにいかないけんかったですけど、最初意味がわからんくて、ひたすらショットを打ってたら打ってる間は近づけず、方向はわからなくなるし、ゼムの分身みたいなのは近づいてくるしそんなこんなで2回空を死なせてしまいました。3度目にようやく (遅) やり方がわかって助ける事はできたけど、今度はアホみたいに弾みたいなんが飛んできて、陸のリフレクトはうまくできたんやけど、空の方がタイミングが合わなかったのか、ほぼ全弾くらってしまいまた死亡させてしまいました。ややこいよ!と半ば投げやりになりかけながらもゴールが見えてたので気力を振り絞って再度コンティニュー。今度はうまく全部撥ね返せてぶっ倒す事が出来ました。ああ感無量。エンディングも一通り見れたし、今度はじっくり本腰すえてコンプリートするか! と決めたところでようやく就寝しました。(5時半くらい)

今度は隠しムービーを見るべく、またFMから頑張りたいと思います。

・・・

修論終わったら。

それでわでわ。

本日の疑問。

やたらと名称を変換してたのは著作権(特に鼠ー)が怖いから。どこまで赦されるかわからにゃいからです。実際、固有名詞だして大丈夫なんでしょうか? 技名とかそのまま出しちゃったけど、よいのかな? 攻略サイトとかはよいのかな? はてながいっぱいの今日この頃です。

| | コメント (10) | トラックバック (4)