« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月16日 (木)

今さらですが、のだめ14巻よみますた。

やっとこさ更新ですたい。

やっぱりのだめは面白いね!

『のだめカンタービレ』14巻 講談社コミックスキス 二ノ宮 知子(著)

いよいよ千秋ちょんがマルレオケの指揮者デヴーしました。そして注目の、のだめとの初共演!!ちょっぴし懐かしのあの人も登場したりと、今後に期待の持てる内容でした。

以下ネタバレバレにつきご注意を。

反転させるというやつは、うちが個人的に読むのめんどうなんで、やりません! 知りたくないという方は気をつけてねん♪ 一応色は変えとくか・・・。

千秋ちょんとのだめ、いよいよ夫婦共演か!? と思いきや、あっさりその座をRuiに奪われてしまって、わたしもウソ~ンな気持ちに。千秋ちょんはのだめを皆に紹介したがってたようだけど、のだめの 『空気読めってんですよ!』 ってな台詞に、のだめの、Ruiに対するライバル心というか、敵わない的な気持ちが伺え、わたしもRuiにちょっぴしヤ・キ・モ・チ☆ Ruiのあの浮かれっぷり?に、Ruiって千秋ちょん好きなの!?って一瞬思ったけど、違うことが後判明。Ruiも色々抱えてんのねん。

早熟の天才ってところは千秋ちょんと重なるけど、千秋ちょんはあんまそういう壁なかったような・・・。あー、飛行機のれなかったっけ。笑。マルレオケも壁っちゃ壁っすな。

マレルオケ指揮者デビュー。笑い混じりの拍手で大盛り上がり。あーSオケを彷彿とさせますな。Sオケから始まった千秋の指揮伝説、またここから始まるのね、と、日本編大好きっ子には嬉しい演出でした。またヨーロッパでもビッグになってくれ!

そして、松田さん。あーゆーキャラだったのか・・・。

大好キデス・・・。

なんか、とっても高飛車で俺様で優秀なのに、何故か哀れみを抱かせる・・・ぶふッ。不幸キャラがここにも・・・。千秋ちょんとの掛け合いが面白すぎデス。

千秋のこと嫌ってそうなのに、なんだかんだ千秋に絡んで家まで押しかけてくるなんて、ほんと、淋しがり屋・さ・ん☆(違う)

千秋ちょんの事が気になってしょうがない様子ですな。千秋ちょんの冷たいあしらいにもお構いなしです。千秋はこういう変態ちゃんに集られる運命。変態多くて、ほんと楽しい漫画だよこれ。

てゆーか、変態の頂点のだめ・・・ついに覗き・・・ついにソコか・・・・・・!!!

変態の真骨頂。さすが、さすがです。

『お前の彼女は変態だ!』by 松田っち。

それを素直に認める(あきらめたともいう)千秋ちょん、すっかりもう恋人なんやね・・・。

恋人というと、あのジャンゆうこカップルも登場しとったね。しかも、中古車の奪い合い。最初に目をつけてたジャンが、他の車へうろうろしてる間にまんまと契約し始めちゃった千秋。ジャンが、『僕が先に見つけたのに!! 』 対する千秋は、『乗り心地同だった?』。

ついつい『最高だったよ!』って言っちゃったジャン。『じゃあ(試乗なしで)これでお願いします』。ジャン『しまったーーー!!』。ジャン・・・こんなアホやったとは・・・。

捨て台詞?が面白すぎ。マレルオケ潰す宣言後の、

『千秋が失業したら、その車買い取ってやるよ』に対し、『新車に乗り換える頃に売ってやるよ』

相手にしてません千秋ちょん!!あ、あれ?って感じにようやく敗北してることに気付いたジャンがとっても愛しくてタマラナイ・・・。コンクールの時に、わりとまともキャラ?なって思ってた自分が懐かしい・・・

しかし、今回の見所はやっぱりのだめの成長でしょうかね。

最近ののだめは、ピアノに対する向上心とプライドが垣間見え、次巻ではどうやらリサイタルもするようで、大きな飛躍が期待できそうです。

でも、人間的に成長はしても変態ぶりは変わらないでほしい・・・

なんだかとってもまともな部分がちらほら匂ってるような・・・。はじめの頃のパワフルな変態っぷりが、最近は少ないように思うので。成就しちゃったからかな~~。千秋のダメっぷりの方が目立ってるよ。ま、おいしいからいいけどさ。

のだめ14巻の感想はこんなところで。

次は完全受注製の特別アイテムがくっついてくる15巻(金額は上がります)発売は6月だ!!

要チェケよろしく!!♪

今日の報告。

やっとまともな生活に戻れそうです。

どういうことかは、過去の記事で察しが着くでしょうが・・・。

さらば学生時代。(まだ終わっとらん)

| | コメント (89) | トラックバック (22)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »