« 序章~いざ出陣!~ | トップページ | ~余部鉄橋~ »

2006年1月10日 (火)

~蕎麦食うべ!~

出発の前の週は記録的な大寒波に見舞われ、実家の方にも珍しく雪が積もりました。当日も天候が心配されてましたが、何とか雪に襲われることはありませんでした。去年の四国では大橋をわたってる途中で大雪になり、危うく足止めをくらいそうになったのです。ギリギリ渡りきれましたが。

今回の旅の仲間に加え、いつも5、6人であっちこっち旅行に行ってたのですが、何故か行く先々で悪天候に見舞われてきました。その確率ほぼ100%! しかしこの3人が離れて、単品とかペアで動くと天気は崩れないのです。

そう、3人そろうと必ず雨! あるいは雪! 恐ろしい! 一人一人は別に雨女ということもなく、むしろ天気と相性いい方なのに、何故か、何故か集うと雨雲を呼んでしまうという・・・。

今回も雪は避けられましたが、雨はやっぱり降ってました。でもこれまでに比べると、外を歩き回る時にはやんでくれたりしてたんで、比較的ましな方であったと言えるでしょう。ですので、天候の方は問題ありませんでした。帰るまでは。

昼過ぎ頃には途中道に迷うことなく、無事に出石に到着する事が出来ました。

あたりには蕎麦屋がたくさん立ち並び、たくさんの人が訪れていました。さすが年末。みなさんお蕎麦を求めて全国あっちこっちからいらっしゃってました。

我々も、お腹が減って減ってどうしようもなかったので、比較的すいていたお店に入りました。2階に通されたのですが、そこからの眺めは大変よろしく、情緒に溢れてました。日本の昔ながらの街並みを眺めながら、名物出石蕎麦をいただきました。

_37 知らなかったのですが、わんこソバのように、小さなお皿に小分けにされて出てきました。うちらは5杯それぞれ食べて結構お腹いっぱいだったのですが、隣に座っておられたカップルは10杯ずつ頼み、女の方は後々かなりいっぱいいっぱいだったようでした。小皿といえどもなかなか侮れないので、初めての方は一人前(5皿)からはじめてみましょう。げぷっ。

食後に頂いた蕎麦湯でほっと一息入れ、我々は大満足で出石を発ちました。もちろん土産も忘れずに。

出石での収穫。

 ・ お土産用出石ソバ4人前

 ・ 丹波地酒の大吟醸 720 ml

 ・ 串刺し濡れせんべい

 ・ 栃餅

 ・ 研究室用お土産丹波黒豆栃餅

出石での発見。

 ・ ソバ屋の壁には食べたソバ皿の枚数が書かれた色紙が隙間なく飾られていた。

 ・ みんな一人20皿とか、すごい人は40皿くらい食べたそうな。

 ・ ソバ屋が立ち並ぶ中に一軒だけポツンと建っていたお好み焼き屋がやたらと新鮮に見えたとな。

次は日本一高い鉄橋、余部鉄橋!

|

« 序章~いざ出陣!~ | トップページ | ~余部鉄橋~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7933/296906

この記事へのトラックバック一覧です: ~蕎麦食うべ!~:

« 序章~いざ出陣!~ | トップページ | ~余部鉄橋~ »